クマゲラの子育てはじまる!


6月11日、12日

大雪山麓の森ではようやくクマゲラの子育てが忙しい時期になってきました。
札幌などでは、とっくにヒナたちが孵化したという便りも聞いていたのですが、
ここ大雪山麓では、今が親クマゲラたちの子育て踏んばり時です!

クマゲラのオス

クマゲラが大雪山麓の森を
忙しなくとんでいます。
今時期は、オスメス入れ替わり立ち代り
餌をとり、ヒナに運んでいます。

写真はクマゲラのオス。

クマゲラのオス

ヒナの待つ巣に入る前に
周囲を警戒して、近くの木にとまるクマゲラ。

産卵時期や子育て時期は
とても慎重です。

クマゲラのオス

巣口へとまるクマゲラのオス。

クマゲラのオス

真っ赤なベレー帽をかぶったオス。
クマゲラのヒナたち 餌やり

巣から元気よくヒナが顔を出す。
顔の感じから、孵化して15〜17日くらい
経っているものと思われます。

しばらくすると、ヒナにほわほわの
産毛が生えてきます。

クマゲラのヒナ

元気なクマゲラのヒナたちが、
この大雪山麓の森に無事に
羽ばたいていくことを願います☆

このヒナたちが大きくなり、
またそれぞれ子孫を増やしていく。

当たり前のことですが、このクマゲラなどたくさんの
生き物達が息づく森のしくみ、
すごく感動することだと思いませんか?

ずっとずっとこの森の営みが続いていけますように。。。



クマゲラは卵を産んでから約2週間で孵化します。
その後、約30日(早いもので28日くらい)でヒナたちは巣立ちます。
つまり、ここでご紹介したクマゲラたちのヒナたちは、おそらく6月25日前後に巣立つと思われます。

もちろん、天候や気温次第で、餌とりが十分でなかったりしてヒナの巣立ちが遅れたりと、
さまざまな要因で遅れることもありますが、それも自然。

クマゲラが無事、育っていけるように、そっと願うだけです。



photo/ケン
文/Shibataro